로고
새문안교회
+ 教会標語
「世の中を癒す教会 (ルカ福音書9:6)」

主イエスは「神の国の福音を告げ知らせなければならない。わたしはそのために遣わされたのだ。」(ルカ福音書4:43)と言われ、ご自分がこの世に遣わされた目的を明かされました。
しかし主イエスが行われたことは神の国の福音を告げ知らせることだけではありませんでした。
福音を述べ伝える同時に、病で苦しんでいる人々を癒され、
悪霊に取りつかれた人々から悪霊を追い出されました。時には死者を蘇らせました。

婚礼の最中葡萄酒を切られた家では水を葡萄酒に変えられ、
飢えた人々には食べ物を与えられました。何よりも、罪を赦されました。
(マルコ2:5) この世を癒されたのです。
そして主イエスはご自分一人で癒しを働かれたのではありません。
主の弟子たちにも同じ使命を与えられました。

主イエスは弟子たちを呼び集め、「あらゆる悪霊に打ち勝ち、病気をいやす力と権能をお授け」になり、
彼らを「神の国を宣べ伝え、病人をいやすために」遣わしました。(ルカ9:1~2)
 そして弟子たちは主イエスの言われた通り、出かけて行き、
村から村へと巡り歩きながら、至るところで福音を告げ知らせ、
病気をいやしました。(ルカ9:6) 悪霊さえも彼らに屈服しました。(ルカ10:17、20)
 主イエスの伝道と癒しの働きを受け継いだのです。そして主イエスが行われ、
その弟子たちも行った伝道と癒しの働きはエルサレムの初代教会から現代の教会まで受け継がれてきたものです。

現代社会は病んでいます。隅々まで病んでいます。あらゆる病気が日々重くなっていきます。
不義、偽り、不正腐敗が剔抉されるどころか、どんどん蔓延しています。
不信、葛藤、対立は解消されず、ますますひどくなっていきます。
倫理や道徳が崩れ、至るところで暴力が発生し、頽廃的な文化が子供たちの間にまで浸透しています。
ほとんど全てのところから異常なことが正常なことと思われています。
重病にかかった社会です。至急癒しが必要な状況です。全てが悪霊に取りつかれ、レギオンに憑かれたように見えます。ゲラサ人の地方を訪ねられた主イエスのように、教会が訪ね、癒しの手を伸ばす時です。教会に与えられた伝道と癒しの使命を熱心に果たさなければなりません。

セムナン教会は新しい教会堂の建築という課題を抱え祈りの力を合わせていますが、それ以上に、この世を癒すため祈りに励むべきです。そのため私たちは具体的にすべきことを探し、行動しなければなりません。


2015年1月1日
セムナン教会 担任牧師 李秀英
로고
SAEMOONAN PRESBYTERIAN CHURCH
Saemoonan Church : Main number 02-732-1009
Main/General Office: 1st floor, Midopa Kwangwhamoon Building, 47 Sejong-daero 23 gil, Jongno-gu, Seoul, Korea 110-061
Main/General Office: 732-1009 FAX : 733-8070
COPYRIGHT(C) 2015 SAEMOONAN All right Reserved.